白髪染めについて

白髪染めとは、白髪を黒色に染めることで、ヘアカラーと言います。

ヘアカラーと聞くと、ヘアカラーリングを思い出すと思いますが、白髪染めとヘアカラーリングには若干の違いがあります。

髪の毛を黒く染めるという点では同じですが、その染め方が違うのです。

ここでは白髪染めとヘアカラーリングの違いについてご紹介したいと思います。

白髪染めは、髪の毛自体が既にメラニン色素が抜けているので、そこに直接黒色の繊毛剤を入れていきます。

しかしヘアカラーリングは、まずブリーチを使って脱色させてメラニンを取り除いてから、染めたい色の繊毛剤を使います。

よって、作業の時間も違ってきますし、ブリーチを使う量も変ってきます。

ブリーチは、過酸化水素が主要成分で、髪の毛の色を抜くことが出来ますが、それと一緒に髪の毛の表面にあるキューティクルも一緒にはがれてしまい、髪の毛が傷みやすい状態になってしまうというデメリットがあります。

ですからブリーチをほとんど使わない白髪染めのほうが、髪の毛の負担が少ないことになります。

しかし白髪染めは、時間が経つと色が抜けてしまうというデメリットがあります。

またこれは白髪染めもヘアカラーリングも一緒ですが、髪の毛は一ヶ月に一センチ伸びますから、時間が経つと生え際の色と染めた色の違いが目立ってしまうでしょう。

ですから、いずれにしても定期的に染めないと、キレイな状態を保つことは難しいことでしょう。

メリットとデメリットを比較考慮してどちらかを選ぶようにしましょう。

白髪染めを選んだ場合、最近は様々な商品があってどれにしたらいいのか迷ってしまいますよね。

白髪染めを実際に使って比較しているサイトもありますので、そのようなサイトも参考に検討してみてはいかがでしょうか。

※例えばこちら⇒白髪染め完全ガイド